2018年4月16日月曜日

「Roof of the World」マンダラバンド(mandalaband)



  
イギリスのバンドmandalaband(マンダラバンド)が、1stアルバム「mandalaband(曼荼羅組曲)」(1975)完成後、アルバム・リリース前にスタジオで撮影されたという驚愕発掘映像!

曲は1st「mandalaband」から「Roof of the World」。

[members]
Dave Durant :リード・ボーカル
Ashley Mulford:ギター
John Stimpson:ベース
Vic Emerson:キーボード
Tony Cresswell ドラムス
  
mandalabandは、レコードの帯に書かれた「イエスが、リックウェイクマンが幾年を費やして築した帝国を、この恐るべき天才集団はわずか3日で制覇した。」という煽り文句も懐かしい、雄大なシンフォニック・ロックを奏でるバンドですが、アルバムのテーマは1950年代に中国が行ったチベット侵略を告発・非難するという重苦しいものでした。
  
しかし、20分を超えるタイトル曲「Om Mani Padme Hum」はチベット語で歌われていて直接的なメッセージは伝わりにくく、むしろスリリングな演奏、分厚いキーボード・オーケストレーション、合唱団や弦楽オーケストラの参加など、非常にスケールの大きいシンフォニック・ロック大作として、特に日本で受け入れられました。
  
この曲を作曲したのがBarclay James Harvest(バークレイ・ジェームス・ハーヴェスト)のオーケストレーションを手掛けていたDavid Rollで、Davidは、完成したこの曲を演奏するためにミュージシャンを集め、アルバムを制作したのです。そのDavid RollとエンジニアのSteve Smithも、コントロール・ルームで作業している様子が映っています。

残念ながら、音の方はアルバム収録のものを被せているように思われますが、それでも貴重映像であることは間違いありません。このすぐ後に、Dave Durantはバンドを離れ、残ったメンバーはSad Cafeを結成することになるので、David Rollを含め、メンバー全員が一同に介したのは、この時が最後だったそうです。


「Sueños De Maniquí」ブブ(Bubu)


  
アルゼンチンのバンドBubu(ブブ)が2016年に38年ぶりの復活ステージを行った際のオフィシャル映像。曲は名作「Anabelas」(1978)から「Sueños De Maniquí」。
  
[members]
Daniel Andreoli:作曲、ベース
Federico Silva:ギター
Jero Romero:ボーカル
Julian Bachmanovsky:ドラムス
Virginia Maqui Tenconi:キーボード&コーラス
Alvar Llusá Damiani:ヴァイオリン
Juan Ignacio Varela:テナー・サックス
  
「Anabelas」はBubuの唯一作ですが、曲はすべてDaniel Andreoliによるもので、演奏は別のメンバーによって行われた、ロックでは珍しい作品でした。そのあたりは、mandalabandの「曼荼羅組曲」と似ています。

ところがこの38年ぶりの復活ステージでは、そのDaniel Andreoli自身が、ベーシストとして演奏にも参加しているのです!

演奏は「Anabelas」を丁寧に再現したもので、Daniel Andreoli以外が若手ミュージシャンということもあり、オリジナルに匹敵するような緊張感溢れるアンサンブルになっています。
  
King Crimsonの影響を感じさせるヘヴィーなサウンドですが、様々な楽器が有機的に絡み合う様子は、きちんと作曲された作品であることを強く感じさせてくれますね。そのためか、ヘヴィーな印象のわりに、とても聴きやすい曲であるというのも大きな特徴でしょう。

このライヴに併せて、新譜(ミニアルバム)も発表されたようです。


2016年12月10日土曜日

「Canada Jam 1978」カンサス(Kansas)

  
アメリカのバンドKansasが、1978年8月にカナダのオンタリオ州で行われた音楽フェスティバルCanada Jamに出演した際のライヴ映像。曲は1976年発表の4thアルバム「Leftoverture」から、彼らの代表曲の一つ「Carry On My Wayward Son」。

[members]
Phil Ehart(ドラムス、パーカッション)
Dave Hope(ベース、ボーカル)
Kerry Livgren(ギター、キーボード、ボーカル)
Robby Steinhardt(バイオリン、ビオラ、ボーカル)
Steve Walsh(キーボード、パーカッション、ボーカル)
Rich Williams(ギター)

1977年に5thアルバムの「Point on Know Return」を発表し、翌1978年にライヴ・アルバム「Two For the Show」を発表。そのマテリアルが1977年から1978年にかけてのステージの模様を元にしているので、まさに絶頂期の映像と言って良いでしょう。

見どころは何と言ってもスティーヴ・ウォルシュ。格好はまるでプロレスラー、アクションも派手で、ちょっと下品なくらいにワイルド。とにかく内から溢れ出るエネルギーをぶつけている感じです。

もちろん演奏は完璧。一糸乱れぬアンサンブル。ツインギター体制でベースと一丸となって奏でるメイン・リフは、実にカッコ良いですね。

残念な点があるとすれば、この曲に関してはベースのデイヴ・ポープがほぼ映っていないところでしょうか。