2016年12月10日土曜日

「Canada Jam 1978」カンサス(Kansas)

  
アメリカのバンドKansasが、1978年8月にカナダのオンタリオ州で行われた音楽フェスティバルCanada Jamに出演した際のライヴ映像。曲は1976年発表の4thアルバム「Leftoverture」から、彼らの代表曲の一つ「Carry On My Wayward Son」。

[members]
Phil Ehart(ドラムス、パーカッション)
Dave Hope(ベース、ボーカル)
Kerry Livgren(ギター、キーボード、ボーカル)
Robby Steinhardt(バイオリン、ビオラ、ボーカル)
Steve Walsh(キーボード、パーカッション、ボーカル)
Rich Williams(ギター)

1977年に5thアルバムの「Point on Know Return」を発表し、翌1978年にライヴ・アルバム「Two For the Show」を発表。そのマテリアルが1977年から1978年にかけてのステージの模様を元にしているので、まさに絶頂期の映像と言って良いでしょう。

見どころは何と言ってもスティーヴ・ウォルシュ。格好はまるでプロレスラー、アクションも派手で、ちょっと下品なくらいにワイルド。とにかく内から溢れ出るエネルギーをぶつけている感じです。

もちろん演奏は完璧。一糸乱れぬアンサンブル。ツインギター体制でベースと一丸となって奏でるメイン・リフは、実にカッコ良いですね。

残念な点があるとすれば、この曲に関してはベースのデイヴ・ポープがほぼ映っていないところでしょうか。


2016年11月6日日曜日

「Rainbow Theatre Live 1975」ハットフィールド&ザ・ノース(Hatfield and the North)



いわゆるカンタベリー派を代表するバンドHatfield and the Northによる、1975年のRainbow Theatreでの超お宝ライヴ映像。

[members]
Phil Miller(ギター)
Richard Sinclair(ベース、ボーカル)
Pip Pyle(ドラムス)
Dave Stewart(キーボード)
   
[setlist]
1. The Yes No Interlude
2. Fitter Stroke Has a Bath
3. Didn't Matter Anyway
   
曲は名作「The Rotters' Club」(1975) からの2曲で、アルバム通りにメドレーで演奏されます。
   
冒頭から安定感があり小気味良いリズムに乗ってデイヴ・スチュアートのファズ・オルガンが鳴り響き、一気にカンタベリーな雰囲気に包まれます。しかし、この淀みなく流れていく演奏の何と素晴らしいことでしょう。故ピップ・パイルのドラミングが切れ味最高です。

中盤から入るリチャード・シンクレアのソフトなボーカルにウットリ。でもさりげなく7拍子。そして美しいスキャットと共に再び演奏が走り出す。
   
フィル・ミラーのうねるギターが7拍子で弾きまくっても、アンサンブルは美しくリズムは軽快。でもジャズにもフュージョンにもならないというのが独特のバランス感覚のなせるワザなのでしょう。


2016年11月1日火曜日

「Live 8 2005」ピンク・フロイド(Pink Floyd)



Live 8(アフリカ貧困撲滅チャリティーコンサート)に賛同し、24年ぶりにリユニオンした際の貴重な映像。2005年7月2日、ロンドンのハイドパークでのステージ。


[members]

David Gilmour(ギター、ボーカル)
Nick Mason(ドラムス)
Roger Waters(ベース、ボーカル)
Richard Wright(キーボード、ボーカル)
  
[setlist]
1. Breathe
2. Money
3. Wish You Were Here
4. Comfortably Numb

直後にイギリスのDaily Mirror紙が行ったLive 8でのベスト・パフォーマンスで一位を獲得した彼らですが、別に他のミュージシャンと比較する必要はないでしょう。何より嬉しいのはPink FloydがちゃんとPink Floydとして堂々たるステージを行っていることです。

   
ここには、企画先行で形だけ再編されたようないい加減さや緩さは微塵もありません。素晴らしいギターソロを連発するギルモア、ちょっとヨレ気味だけれどあの独特な鼻にかかった声で精一杯歌うウォーターズ。そしてあらためて感じる、リック・ライトとニック・メイスンの、〝弾きすぎない〟巧みさ。
    
リック・ライトの映像が少ないのが残念ですが、モニター用のヘッドフォンを脱ぎ捨てるニック・メイスンがカッコイイ!

そのステージに向けたリハーサル映像がこちら。